AGA治療

不飽和脂肪酸がAGAに効く!

抜け毛や薄毛で悩んでいる方の中には
聞きなれない言葉「不飽和脂肪酸」なんて単語をどこかで
聞いたことがある人もいることでしょう?

 

結論から言いますと、不飽和脂肪酸を取ることは
育毛に効果があります。抜け毛、薄毛の予防にもつながります。

 

そもそも不飽和脂肪酸って何?
飽和?不飽和?何がどう違うの?

 

難しく聞きなれない言葉のため、こんな疑問を持っている人も
多いと思います。

 

簡単に説明しておくと、脂肪を構成する要素に脂肪酸という成分ばあります。
脂肪酸の中には、

 

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

 

というものが存在するのですが、

 

飽和脂肪酸は、主に動物性脂肪に多く含まれています。
牛肉、豚肉、バターや乳製品に多く含まれています。

 

AGAを治したいのであれば、不飽和脂肪酸を摂るべき!

 

人間の常温では固体のままで存在し、血液をドロドロにしてしまう性質があります。
あまり取りすぎると、中性脂肪やコレステロール、動脈硬化の原因にもなってしまいます。

 

一方、

 

不飽和脂肪酸は、オリーブ油、ゴマ油なのの植物性油脂、
魚類などにに含まれており、血液をサラサラに働きがあるのです。

 

さらに、不飽和脂肪酸は、人間の細胞、組織を形成するのに使われる
成分でもあるのです。もちろん髪、頭皮形成するのにも使われる成分です。

 

抜け毛、薄毛の症状の原因の一つが、食生活の乱れによって
血液を通じて毛根に十分な栄養素が供給されないためです。

 

不飽和脂肪酸を効率的に摂取することで血液がサラサラになります。
不飽和脂肪酸を効率的に接種することで、髪、頭皮を形成する
細胞を活性化します。

AGA治療といえばココ!