AGA治療

AGA遺伝子検査で分かる事

AGAでお悩みの方の中には、「AGA遺伝子検査」
というものを聞いたことがある人もいると思います。

 

 

「AGA遺伝子検査」って一体何を検査するの?」

 

 

と疑問に思っている人がたくさんいますので、
AGA遺伝子検査についてご説明いたします。

 

調べて何が分かる!?AGA遺伝子検査・・・

 

男性ホルモンによる薄毛の進行で忘れてはならないのが男性ホルモン受容体です。

 

男性ホルモン受容体の感受性が強い人は、ジヒドロテストステロンと
強く結びつき、より多くの脱毛シグナルTGF-βを毛根内で出すということです。

 

逆に、男性ホルモン受容体の感受性が低い人は、ジヒドロテストステロンと
結びつくことが少なく、結果としてTGF-βとよばれる脱毛シグナルの発生が少ないということです。

 

・・・

 

お分かりでしょうか?

 

AGAの根本的な原因は、男性ホルモンですが、もっと噛み砕いて考えると、

 

男性ホルモンが5αリアクターゼ酵素の働きでジヒドロテストステロンに
変化し、さらに男性ホルモン受容体と結びつくことで脱毛因子TGF-βが
毛根内で発生するのです。

 

仮に同じだけジヒドロテストステロンが毛根内で産生されていても、

 

  • 男性ホルモン受容体の感受性が高い人
  • 男性ホルモン受容体の感受性が低い人

 

この両者では、結果的に脱毛因子TGF-βの発生量に
大きな違いが出てくるのです。

 

同じだけ男性ホルモン、ジヒドロテストステロンが
毛根内で発生している人でも見た目に

 

  • 髪が薄い人、ハゲあがっている人
  • 髪がフサフサ、ハゲとは縁遠い人

 

がいるのは、このためなのです。

 

AGA遺伝子検査とは、この男性ホルモン受容体の感受性の
強さを遺伝子レベルで検査することなのです。

 

現在では、直接クリニックに出向かなくても、インターネット経由で、
自宅で遺伝子採取、郵送で検査結果を受け取れるサービスもあります。

 

AGA遺伝子結果では、男性ホルモン受容体の感受性の強さが分かるわけですが、

 

 

  • 感受性が高い人・・・・ジヒドロテストステロンの発生を抑えることでAGAの進行を抑え、

    狂った毛周期を正常化させる可能性が高い。

  •  

  • 感受性が低い人・・・・薄毛、抜け毛トラブルは男性ホルモンDHTの作用というよりは

    別の要因が考えられる。

 

と判断できるわけです。

 

AGA、AGAと最近よく耳にしますが、男性の薄毛の原因の多くは男性ホルモン
によるものですが、それ意外にも生活習慣やストレスが原因で髪トラブルを抱えている人もいます。

 

頭皮のトラブルが原因で髪トラブルを抱えている人もいいます。

 

AGA遺伝子検査を受けることで分かることは、
男性ホルモン受容体の感受性の高さです。

 

感受性が高い人は、フィナステリドを主成分とする内服薬プロペシアによる
効果が期待できることになります。

 

一方の、感受性が低い人は、仮にプロペシアを服用したとしても抜け毛、薄毛の対策、
効果は期待しずらい、ということになります。

 

プロペシアを服用している人の中でも効果がない人、効果がある人と
分かれる傾向があるのですが、その根本的な原因は男性ホルモン受容体
の感受性の高さと考えられます。

 

なので、もし、あなたがプロペシアの服用を考えているのであれば、
また本当の自分の薄毛、抜け毛の原因を追究したいのであれば、
一度AGA遺伝子検査を受けることをオススメしますよ!

AGA治療するならココ!